宿命のライバル

関西在住なので、今では阪神タイガース一筋ですが、子供のころは巨人、大鵬、卵焼きの通り、なんとなーく巨人軍が好きでした。まあ、テレビ中継も巨人戦が中心だったしね。

小学生の時に少年マガジンで始まった「巨人の星」(絵・川崎のぼる 作・梶原一騎)には夢中になりました。戦争で肩を壊して「魔送球」という投法を編み出すも、巨人軍を去ることになった星一徹。その息子の星飛雄馬とともに巨人の星をめざすという泣かせる根性ドラマです。宿命のライバルに花形満や左門豊作がいて、高校野球で甲子園で戦ったのちに、なんやかんやで星くんは巨人へ。花形くんは阪神へ、左門くんは大洋ホエールズへ入団します。星くんは性格的にやや難あり、花形くんはお金持ちの息子特有の手に入れば飽きてしまうといった、これまた性格的にどーかなーと思える人、左門くんは幼い弟妹を抱える苦労人でした。これに星くんの親友伴宙太が絡まっての人間ドラマです。やたら涙が出てくるのも特徴。伴くんの協力もあって星くんが編み出した大リーグボール1号は球界に衝撃を与えます。それを打つために花形が行なった鉄球と鉄バットの特訓。その甲斐あってホームランを打ちながら、特訓の無理がたたり、ホームベースの手前で崩れ落ちるところなんざ、感動しましたなー。また、ライバルに先を越された左門くんの一言も涙をそそります。

巨人の星は、原作の面白さはもちろんですが、川崎のぼる先生の画力と構成がどんどん凄くなり魅力が増していきます。宮崎キャンプで出会った日髙美奈さんとの衝撃的な別れ。絶望の淵から不死鳥のごとく蘇った際に描かれた。天空に同時に存在する月と太陽。消える魔球・大リーグボール2号の投球フォーム。同じく3号を初めて投げた後ベンチに倒れこむ姿。そして運命の一球を投げた後の左腕が壊れた描写。最終回では教会の十字架の影を背中に映しながら去っていく。。。梶原一騎先生の作品はアンハッピーな最後が多いですが、中でも強く印象に残る終わり方でした。

今から考えると、少年誌の連載にしては骨太な作品でしたね。少年マガジンはそんな掲載作品が多かったように思います。読者層がどんどん高くなっていく時代だったんでしょうね。

ただねー、先にも述べたように星くんは自分の速球にやや自惚れていた感があり、ちょっとアカン奴とも思えました。ちなみに当時の巨人軍は川上哲治監督のもと、連覇を続ける常勝軍団。これもちょっと気に入らなかったヘソまがりな僕は、縦じまのユニホームに身を包んだ花形満の方がかっこ良く思えて、以来阪神ファンを貫いております。単純だね。